お通夜・ご葬儀の様子

家族に心を尽くした母に感謝を捧げます

寒さが本格的になり、いよいよ冬が近づいてまいりました。

平安会館の高橋でございます。

先日、プレア小牧中央でお手伝いさせていただいたお式の様子をご紹介いたします。

 

 

 

こちらが祭壇でございます。

このほかにもお孫様、ひ孫様方からお花や果物のお供えをたくさん頂きました。

喪主様、ご姉妹様を始め皆様のお気持ちが形になった、本当に立派な祭壇となりました。

 

 

 

告別式の様子です。

故人様と最期のお別れをするために、遠方からたくさんのご親族様方にお集まりいただきました。

 

 

編み物や畑作業など、非常に多趣味でいらっしゃった故人様。

旦那様に寄り添い、家族の為にセーターやベストなどを編んでくれたお母様は、娘様方から見てもまさに女性の鑑だったそうです。

 

 

お式の前には、お孫様、ひ孫様方が、籠から溢れるほどたくさんの折り紙を折ってくださいました。

 

写真はその中のほんの一部ではありますが、故人様のお人柄が何世代にもわたって家族を結んでくださっていたことが、私共にまで伝わってくるような二日間でございました。

 

 

この度は大変お疲れ様でございました。

葬儀という場ではありましたが、大切な方のお式をお手伝いさせていただいたご縁に心より感謝申し上げます。

今後も増々寒さが厳しくなってくることと存じますので、どうか体調など崩されませんよう、ご自愛くださいませ。

 

平安会館 プレア小牧中央 髙橋晴香

お通夜・ご葬儀の様子 / 高橋 晴香コメントする
お知らせ

平安会館プレア小牧中央の個別相談会のお知らせ

秋の季節が近づいてまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

令和2年9月29日(火)プレア小牧中央での個別相談会のご案内です。

エンディングノートの存在は知っていても、活用法などは実は知らないことも多いと聞きます。是非この機会にエンディングノートの活用法から、施設の見学、事前相談を行なって、不安ごと、不明なことを解消して頂けたらと思います。

ほんの些細なご相談でも大丈夫なのでご家族やご友人等で是非お気軽お越しくださいませ。

 

開催日  令和2年9月29日(火)

開催場所 平安会館プレア小牧中央

開催時間 10時~14時

所在地  小牧市東新町161

詳細は下記のフリーダイヤルにてお問い合わせください。

平安会館 一宮本社 0120-25-0400

 

お知らせ, イベント / コメントする
お通夜・ご葬儀の様子

浄土でも素敵な笑顔で見守ってください

いつも弊社のブログをご覧いただきありがとうございます。平安会館の中村と申します。

先日、家族葬の栞 一宮奥町でお手伝いいたしましたご葬儀を紹介させていただきます。

家族葬の栞では花祭壇のみをお選びすることができます。

今回は白を基調とした花祭壇をお選びされました。

ご遺影は頬に手を当てた故人様のキュートな一面がわかるようなお写真となりました。

 故人様はスイカがお好きという事でお通夜の日からスイカをお供えさせていただきました。

ご葬儀の日には4つにカットをしてご家族様に柩の中にお納めいただきました。

スイカを持っているのが担当の中村でございます。

お手伝いのご縁として故人様と一緒に写真を撮らせていただきました。

ご葬儀はご家族様のみで行いましたが、お孫様がお化粧したり、好きな鰻を静岡県まで買いに行かれてご用意されたり、ご家族様の愛が詰まったお式であったように感じました。

このようにお式に携わらせていただきありがとうございました。

家族葬の栞 一宮奥町

中村晃基

お通夜・ご葬儀の様子 / 中村 晃基 コメントする
お通夜・ご葬儀の様子

唯一無二の、自慢のお父様

平安会館の髙橋でございます。

先日、家族葬の栞 岩倉にてお手伝いさせていただいたお式をご紹介いたします。

開式前のスライドショーの様子です。

ご自宅で大切に保管されていたお写真を厳選してお持ちいただき、ご家族の皆様、そしてお父様も一緒に、懐かしい思い出を振り返っていただきました。

この時写っているのはご家族三人、曼荼羅寺へお出かけに行ったときのもの。

こちらは、喪主をお務めいただいた長男様の結婚式で撮られたものだそうです。

皆様とても素敵な表情で写ってみえます。

ご家族の皆様からは、先に旅立たれた奥様のお写真、お好きだったというウイスキーやお饅頭などをたくさんご用意いただきました。

左上のお写真の中で、お父様と握手をされている方は、なんと愛知県出身の海部俊樹元内閣総理大臣です。

未来の子供たちのために、苦労の中様々な活動をしてみえた故人様は、ご家族の皆様にとって唯一無二の、自慢のお父様。

ご自身の信条に誇りを持ってお仕事に励まれていた様子が、私共にも伝わってまいりました。

お通夜日にはスクリーンを使って、『ラストレター』を上映しました。

皆様、心の中でお父様を思い浮かべることが出来たのではないでしょうか。

 

この度は大変お疲れ様でございました。

葬儀という場ではございましたが、大切なご葬儀のお手伝いをさせていただいたご縁に心より感謝申し上げます。

お疲れの出ませよう、ご自愛くださいませ。

平安会館 髙橋晴香

お通夜・ご葬儀の様子 / 高橋 晴香コメントする
お通夜・ご葬儀の様子

ラジオを聴きながらいつまでも

 

ここ最近朝晩が涼しくなってき、だんだんと秋が近づいているのを感じますね。

皆様こんにちは。平安会館の鮫嶋でございます。

 

本日はプレア小牧中央斎場にてお手伝いをさせていただきましたお式のご紹介をいたします。

 

祭壇のお写真でございます。

こちらは「縁」と呼ばれる祭壇です。

祭壇周りにもご親戚のお方様からお供えいただいたお花に囲まれ、あたたかな式場となりました。

 

お式の様子です。

椅子は感染症対策のため1mごとに離して設置させていただいております。

 

お柩の近くにはご家族の皆様からの想いが詰まったメッセージや折り鶴、また故人様の愛用品等がお供えされています。

 

ご家族様から故人様がいつも大切にされたラジオを聞いていたとお話していただきました。

持ち運び用の小さなものも使われていたそうですが、いつの日か壊れてしまったとのお話しを伺い、そこで私共から手作りの小さなラジオをプレゼントさせていただきました。

 

 

 

 

 

こちらはお別れの際に、これからもいつでも聞くことが出来るようにと、故人様の耳元にご家族様からお手向けいただきました。

 

 

ご家族の皆様、先日は大変お疲れ様でございました。お手伝いさせていただきましたご縁に感謝いたします。

 

そしてどうか旅立たれた故人様が空の上でラジオを聞きながら皆様の事をこれからも見守っていただけていることを願っております。

 

 

平安会館プレア小牧中央斎場   鮫嶋 真友子

お通夜・ご葬儀の様子 / 鮫島 真友子コメントする