お通夜・ご葬儀の様子

浄土への旅立ち

平安会館江南斎場の清原と申します。

先日の葬儀のお手伝いのご様子をご紹介いたします。


白木の祭壇でございます。波打つお花飾りで非常に華やかに写ります。両側の胡蝶蘭のお供えも存在感があります。

フラワーピローと申します。メッセージカードが数枚あり、故人様へ感謝のお言葉を記入しお供えいたします。このフラワーピローをお供えすることで安らかにお休みくださいますように、とご用意しております。

葬儀式前のご様子です。白木の祭壇飾りでは、想い出のお写真を上映することができます。開式前には皆様ご覧になり、想い出話しに花を咲かせておられました。

葬儀式の一部、下炬(あこ)でございます。ご導師が2本の松明を持ち、1本を捨て、残りの1本で一円を描き、下炬引導文を述べられます。捨てるのは厭離穢土の意味、一円を描くのは欣求浄土の意味を表すと言います。終えると同時に松明を捨てて十念を授けます。

最期のお別れでございます。お孫様よりお花束を手向けてくださり、故人様はさぞ喜ばれておられることでしょう。

2日間大変お疲れ様でございました。

御心配事がございましたらお気軽にご連絡ください。

 

平安会館 江南斎場 清原

お通夜・ご葬儀の様子/ 清原 健太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です