お通夜・ご葬儀の様子

多くのお供えものに囲まれて…

平安会館の清原と申します。
先日、江南宮田斎場にてお手伝いいたしましたご葬儀のご様子でございます。

白木の祭壇でございます。曲線が美しいお花の飾りでございます。お供えのお花や果物がたくさんあり非常に華やかな印象です。


お身内さまの思いの込められた折り鶴です。最期のお別れの際に手向けてくださいました。


血脈や朱印帳、輪袈裟、白衣、お守りなど、たくさんございました。

できる限りご一緒に荼毘に付しました。


最期に故人様と一緒に召し上がる出立ちのお食事です。このお食事もお別れの際に一緒にお手向けいただきました。


お柩の上には四本幡がございます。仏教の教えを簡潔に述べた詩を書いたりされます。元は柩の四方を囲んだとも、墓の四方にも立てたとも言われます。墓を結界すると共に故人様の滅罪に効果があると信じられたものだそうです。

仏教は本当に奥が深く、私どももまだまだ分らないことばかりです。常日頃、ご葬家様方とご一緒に勉強していきたく思います。

ご葬家様に関しまして、2日間大変お疲れ様でございました。沢山のお供えものがあり、故人様も満足して旅に出られたことでしょう。打合せから慌ただしく大変お疲れが残ったかと思います。これからも行うべきことが様々おありですが体調だけは崩されませんようにご自愛ください。

平安会館江南宮田斎場 清原健太

お通夜・ご葬儀の様子/ 清原 健太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です