お通夜・ご葬儀の様子

在りし日の姿をを偲んで…

春の風が心地良く感じられる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 平安会館の舟橋と申します。

今日は海外にいらっしゃってご参列が叶わなかったある方へ向けて、小牧斎場でお手伝いさせていただいたお式の様子をお伝えいたします。

ご家族の皆様はお母様の旅立ちに際し、「感謝」という祭壇を選ばれました。祭壇の名前の通り、ご家族様の「ありがとう」のお気持ちが伝わる荘厳で華やかな白木の祭壇でございます。

祭壇の両脇や壁には、ご家族やご親族様からお花や果物をたくさんお供えいたただき、祭壇だけでなく式場内も大変華やかになりました。

 

お棺の上には大きなお花束もご用意いただきました。

 

祭壇の近くにはお母様の最後のお食事として、出立ちのお食事をご用意いただき、ご葬儀の日の朝、ご家族やご親族の皆様も全く同じものをお召し上がりになりました。

 

最後はこちらのお食事をお棺の中にお手向けいただきました。ご家族の皆様と最後に同じものを食べることができて、お母様もきっと喜んでいらっしゃったかと思います。

お母様はフルーツがお好きだと伺ったので、私共からささやかではありますが、フルーツもお供えさせていただきました。

 

ご葬儀当日はお寺様がお二人いらっしゃり、お母様をしっかりと送り出してくださいました。

最後は皆様に連れられて、ご霊柩へと進まれました。

 

お通夜ご葬儀と慌ただしい二日間だったかと思いますが、皆様それぞれお母様のことを思い、二日間濃い時間を過ごされていました。

慣れないことも多くあったかと思いますが、その都度ご家族皆様で相談され、滞りなく式が運ぶようにと団結されていらっしゃいました。

 きっとそのお姿を見てお母様も安心されていたことと思います。

 

そして、ご長男様のお気持ちも、遠くからではありますが必ず伝わっていたはずです。

 

今後も色々悩まれることがあるかと思いますが、どうかご無理はされないようお気をつけくださいませ。

また何かお手伝いができることがあれば、いつでもお気軽にご連絡くださいませ。

 

平安会館 小牧斎場

舟橋 実生菜

お通夜・ご葬儀の様子/ 舟橋 実生菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です