お通夜・ご葬儀の様子

人の為、家族の為に真心を尽くす優しい母

いつも平安会館のブログをご覧いただきましてありがとうございます。 また初めてご覧いただけている方もありがとうございます。 今回は「家族葬の栞~一宮奥町~」でお手伝いをさせていただきましたご葬儀をご紹介させていただきます。 梅雨時期にも関わらず天気の良い2日間になりました。 打合せは喪主様(長男様)と奥様、長女様と次女様と行いました。 故人様(お母様)の性格は明るくお話し好き、夜遅くまで機織の仕事をされていたそうです。 趣味は大正琴や和服の着付け、洋裁です。 子供の為にワンピースなど母お手製の洋服を何着も作ってくれました。 振り返るとたくさんの思い出が溢れてきます。 選んだ遺影の写真は10年以上前にはなりますが家族で力に行った時の写真です。 ニコッとした笑顔がお母様らしくとても素敵ですね。 お母さんの最期を送る為に、みんな集まってくれたよ。 「今まで永い間、本当にお疲れ様でした」 「天国でも大好きな大正琴を弾いてね」 「病院では好きなものを食べられなかったので、天国では美味しいものを食べてね」 皆様にはお柩を霊柩車へとお手伝いいただきました。 火葬後の還骨のお勤めも無事終わり、通夜・葬儀と2日間を終えることが出来ました。 皆様大変お疲れ様でございました。 突然のことでまだまだ寂しい時かと思います。 お父様、これから暑い時期になりますのでお身体には十分ご自愛ください。 ご家族の皆様、ご葬儀後もお困りごとやご相談などお気軽にお問合せくださいませ。 ご縁合って皆様のご葬儀をお手伝いさせていただきました。 ありがとうございました。

平安会館 長屋剛

お通夜・ご葬儀の様子/ 長屋 剛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です