お通夜・ご葬儀の様子

母と一緒に見守っていてください

最近では朝晩と冷え込むようになりました。

先日江南斎場にて、ご葬儀のお手伝いをさせていただきましたので

ご紹介をさせて頂きます

 

深夜から強い雨が降り始めましたが、葬儀の日は朝にはきれいな青色の空になりました。

 

2階の式場は白色で統一した、荘厳な祭壇でお飾りさせていただきました。

 

故人様お近くにはご家族様がご自宅よりお持ちいただいた手料理、お好きでいらっしゃったお酒や食べ物をお供えさせていただきました。仮通夜から三日間お好きなものの香りにつつまれ、大切なご家族とご一緒に過ごし、故人様もきっと喜んでおられたと思います。

 



三階にはメモリアルコーナーをつくり、皆様に故人様のことを偲んでいただきました。江南市議会議員として地域の為に力を尽くしておられた時のお品です。

 

趣味のお品や、思い出の場所である神奈川県横須賀市の防衛大学のお品も展示させていただきました。

 

数々の思い出のお写真をパネルにし、皆様にご覧いただきました。

お通夜ご葬儀と、とてもたくさんのかたが故人様とのお別れのためにお越しくださいました。

 

喪主様はお通夜・葬儀と二日間、とても凛とした立ち振る舞いでご弔問のかたにご挨拶をくださいました。

「葬儀式は一番大切なものだ」というお父様からの教えをとても大切にされ、お父様に対して最大限の敬意を表した式にして最期の親孝行をしたいという強い思いを胸に、喪主としての役目を務め上げられました。

喪主様のお気持ちはきっとお父様とお母様に届き、これからもずっと見守っていてくださると思います。

 

故人様の教えである葬儀式は一番大切なものだというお言葉に、あらためてとても身の引き締まる思いでお手伝いをさせていただきました。家族のことや仕事こと私自身が忘れかけていた何かとても大切なことを思い出させてくださったように感じます。

故人様から喪主様からご家族様から、多くのことを教えていただきました。

お手伝いをさせていただきましたご縁に心から感謝申し上げます。

 

時節柄、体調など崩されませんようどうかご自愛ください。

 

平安会館 ディレクター 髙山

お通夜・ご葬儀の様子/ 高山 英人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です