• お急ぎの方はこちら
  • 互助会申込予約
  • お問い合わせはこちら
  • 資料請求はこちら

葬儀の手引き

1.危篤からご臨終直後

近親者など会わせたい方へのご連絡
危篤時に近親者・友人・知人など会わせたい方へご連絡ください。
末期の水をとる
臨終を告げられたら、末期の水をとります。
新しい割りばしの先に脱脂綿を白糸で巻き付け、茶碗に入れた水に浸して血縁の濃い順に故人様の唇を濡らします。
死亡診断書の受け取り
医師から死亡診断書を受け取ったら、必ずお名前と生年月日が故人様のものか確認してください。
家族・親族への連絡
肉親には死亡後ただちに連絡してください。故人様と特別な関係の人には至急知らせなければなりませんが、お通夜・ご葬儀の日程が決まったら連絡をしてかまいません。
ご遺体の安置
ご遺体は北枕(西枕)にして安置します。寝具は新しくし、顔には白布をかけ、手には胸の上で低く組ませ数珠をかけ、胸元や枕元には、魔除けとして守刀(剃刀)を足の方に向けて置きます。ご遺体保護のため平安会館でドライアイスをご用意します。枕元には机か台に三具足(香炉・燭台・花立)を置き線香、ローソク、リン、枕飯、浄水を飾ります。

※枕飾りは平安会館にてご用意します。
※宗旨・宗派によって異なる場合がございます。

寺院への連絡
ご遺体を安置しましたら、寺院に亡くなったことをお知らせして、枕経とご葬儀のお願いをします。死亡者の住所、姓名、喪主との続柄、年齢などを伝えます。ご住職の都合をお聞きし、枕経をお願いします。
枕経
ご住職を迎えに行きます。遺族は数珠を用意します。ご住職に枕経を勤めていただきます。
打ち合わせ
ご住職と相談し、お通夜・ご葬儀の日時を決めます。
お通夜の日時と場所、ご葬儀の日時(出棺の時間)と会場、僧侶の人数、 僧侶の送迎、火葬場での読経の依頼、初七日法要の日時と場所、 精進落としの場所と時間、戒名・法号・芳名、納骨と埋骨の時期、 お布施等の打ち合わせをします。
戒名の構成

葬儀や斎場に関するお問い合わせ

24時間365日対応の無料電話相談 0120-250-400
24時間365日体制でお客様のもしもの時のために
担当スタッフが対応いたします。お気軽にお電話ください。
  • お問い合わせはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 平安会館の想い

    平安会館の想い

  • 葬儀スタッフ紹介

    葬儀スタッフ紹介

  • 斎場のご案内

    斎場のご案内

  • プランと費用

    プランと費用

最近ご覧になったページ

イベント情報

一覧を見る

お知らせ

一覧を見る
株式会社 平安閣
平安会館 本部
一宮市緑4丁目1番2号
電話:0120-250-400
  • スタッフの絆ブログ
  • もしもに備えるガイドBOOKプレゼント
  • ありがとうを贈ろう。
  • リクナビ 2019 > 新卒採用情報はこちら