• お急ぎの方はこちら
  • 互助会申込予約
  • お問い合わせはこちら
  • 資料請求はこちら

葬儀の手引き

5.ご葬儀・告別式

ご葬儀の準備について喪主、平安会館スタッフでご葬儀前の最終確認を行います。
前日までの確認事項
会葬礼状・会葬御礼品の準備
会葬礼状・会葬御礼品は、お通夜の前(式の前)に用意します。
出立ち料理の確認
葬儀式前の出立ち料理の数量を確認します。
出棺の打ち合わせ
・遺族代表のあいさつをする方を決めます。
・位牌、骨箱、遺影の持ち手を決めます。 喪主が位牌を持ち、故人様との関係が深い順に役割を決めます。 ・お柩を霊柩車まで運ぶ人(4〜6人)を決めます。
・出棺後の式場のお留守番を決めます。
・火葬場に行く人数を確認します。
・何台かの車に分かれて行く場合は、乗車する車を決めておきます。

※車につける号車番号は4と9を除きます。

当日までの確認事項
残し花・盛篭の確認
後飾り祭壇に供える残し花・盛篭の数を確認します。
精進落としの時間と出席者の確認
精進落としの時間と出席者の最終確認をします。
司会進行の確認
式進行についての打合せは、平安会館スタッフと行います。
弔辞・弔電の確認
・弔辞・弔電奉読のある場合は、事前に平安会館スタッフにお申し出ください。
・弔辞を依頼する場合は、3分程度にあらかじめお願いしておき、早めに席に着いていただくようにします。 ・弔電を整理し、奉読の順番を決めます。

※司会者が読み間違えないよう添え書きをしておきます。
※弔電数の多い場合、式の進行上全部ご奉読できない場合もあります。

お布施の準備
僧侶にお渡しするお布施を準備します。

※お布施は翌日、寺院または初七日法要後にお伺いしてお渡しします。 供花・供物の分配数の把握僧侶、親族、お手伝いに渡す数の把握をします。 ※数の把握ができましたら平安会館スタッフにお申し出ください。

安心豊富な葬祭ディレクター
故人様を敬い、送り出す厳粛な儀式です。旅立つ故人様を偲び、お祈りをいたします。
1.遺族・親族・参列者着席
遺族・親族は開式の30分前には所定の席に座ります。
2.僧侶入場
参列者は一礼して僧侶をお迎えします。
3.開式の辞
司会進行は平安会館スタッフが行います。
4.読経
僧侶の読経が行われます。
5.遺族・来賓・親族焼香
親族焼香は、葬儀委員長、喪主、遺族、来賓、親族の順で行います。
6.一般会葬者焼香
一般会葬者は、平安会館スタッフの案内によって焼香台で順次行います。
7.弔辞拝受
弔辞を読み上げる人は、前の方に座っていただきます。
8.弔電奉読
数の多い場合、本文は2〜3通とし、あとはお名前のみ読みあげます。
9.読経
僧侶の読経が行われます。
10.僧侶退場
参列者は僧侶に一礼してお見送りします。
11.閉式の辞
平安会館スタッフが行います。

※ 上記の式次第は一例です。宗旨・宗派により異なることがございます。

ご葬儀・告別式の流れ

葬儀や斎場に関するお問い合わせ

24時間365日対応の無料電話相談 0120-250-400
24時間365日体制でお客様のもしもの時のために
担当スタッフが対応いたします。お気軽にお電話ください。
  • お問い合わせはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 平安会館の想い

    平安会館の想い

  • 葬儀スタッフ紹介

    葬儀スタッフ紹介

  • 斎場のご案内

    斎場のご案内

  • プランと費用

    プランと費用

最近ご覧になったページ

イベント情報

一覧を見る

お知らせ

一覧を見る
株式会社 平安閣
平安会館 本部
一宮市緑4丁目1番2号
電話:0120-250-400
  • スタッフの絆ブログ
  • 葬儀の手引きプレゼント
  • ありがとうを贈ろう。
  • マイナビ 2020 > 新卒採用情報はこちら